デッサン100枚

僕はよく3DCGを描きますが、ある日、基本ができていないこと気づきました。
そこで修行のためにデッサンを100枚描こうと決めまして、
折角だから見てもらおうとここをはじめました。
たまに脱線してぜんぜん関係ないことを書くかも知れなけど、そのあたりはよろしくで〜す。
36枚目、すずらんの精
 
はじめて、石膏の人物を描いてみました。
胸にすずらんを抱く、物憂げな表情の女性です。

なんというか、とらえどころの無い表情をうまく表現するのにそうとう苦労しました。
鉛筆でほんの2、3本線を引いただけで、目つきや輪郭の雰囲気がかわって、
人間の顔の表現ってこんなにむずかしいんだって感じました。
そんなこんなもあり、石膏自体は美人だったのですが、
デッサンは、ちょっと下膨れ顔になってしました。

作画における工夫点としては、人の顔の輪郭の取り方から、
髪のボリューム感の出し方、とくに向かって右側と左側では、
髪のコントラスト変化させて、左側を薄く、右側をこく描くことで、
奥行き感も出しています。

良い勉強になりました。
次回は、はじめて木炭を描いてみようと思います。


| アート | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.shinya.mods.jp/trackback/1024292
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
15分スケッチ練習帖―基礎ドリル編
15分スケッチ練習帖―基礎ドリル編 (JUGEMレビュー »)
山田 雅夫
デッサンは描ける様になってきたけど、スケッチがとっても難しい・・・。
そう思って書店で探していると見つけた本です。
線の引き方から背景の効果的な表現方法(何を省略して、何を表現するか)等を手軽に少しずつ学べます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ