デッサン100枚

僕はよく3DCGを描きますが、ある日、基本ができていないこと気づきました。
そこで修行のためにデッサンを100枚描こうと決めまして、
折角だから見てもらおうとここをはじめました。
たまに脱線してぜんぜん関係ないことを書くかも知れなけど、そのあたりはよろしくで〜す。
書評「今日の芸術」
今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)

岡本太郎が近代芸術のあり方から美術教育についてまで、自論を展開している一冊です。
絵画表現で悩む人、絵を描くことに興味があるが一歩踏み出せずにいる人、
自分の表現が認められなくて挫折感を味わっている人にとって、心を鼓舞してくれる熱いメッセージが多数含まれています。

それでいながら、文体は論理的で、扇動的なところがほとんどなく、過去から今に至るまでの芸術、芸術教育、それらと社会とのかかわりまでを民俗学的な視点から論述しています。
真剣に自身が目指したい創作の方向性等を考えている人にとって、示唆に富む内容だと思います。

岡本太郎というと、「芸術は爆発だ」や太陽の塔など、前衛的なイメージが強いですが、この本を読むことで、氏が事実を客観的に見て、分析する科学者的な能力と側面を持っていることが伺えます。

私の心に残った言葉は、
「芸術」と「芸」の違い。
芸術とは、常に新しいものを創造するということ。
芸とは、今ある型を磨き上げ極めること。
企業で言うなら、研究所と事業所の関係に近いでしょうか?
ですが、日本では、これら二つが混同されているとのこと。

もう一つは、「本当にでたらめな絵は、心が自由ではないとかけない。」
そして、それに取り組み、自身の不自由さを感じ、追及することが新しいものを生み出す。
この言葉には、普段私が仕事をしている上で、感じていた事をまさしく言葉にしてもらった気分になりました。

と、色々書きましたが、読みやすい本ですから一読されることをお勧めします。
| 書評 | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
先日、Morayマニュアル送付させていただきましたが、お役に立っていますか?
機会があれば、感想など聞かせてくださいね。
| いぐ | 2008/03/20 1:45 PM |

Morayの日本語マニュアルを探していましたら、このブログと旧HP?にたどりつきました。もし気づいてもらえましたらマニュアルをメールでおくってもらいたいです><
あまりブログに関係のないことでごめんなさい(ノω;
| U | 2007/12/08 8:57 PM |










http://blog.shinya.mods.jp/trackback/694661
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
15分スケッチ練習帖―基礎ドリル編
15分スケッチ練習帖―基礎ドリル編 (JUGEMレビュー »)
山田 雅夫
デッサンは描ける様になってきたけど、スケッチがとっても難しい・・・。
そう思って書店で探していると見つけた本です。
線の引き方から背景の効果的な表現方法(何を省略して、何を表現するか)等を手軽に少しずつ学べます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ